健康的な睡眠時間

健康的な眠り方ガイド

健康的な生活に役立つ情報

新着情報

健康のためには睡眠も大切 

健康でいるためにはよく睡眠をとることが大切です。睡眠時間がすごく短い人はいつも頭がボーっとしていて働いていないのです。脳も使ったら休めてあげないといけないのです。寝ることで体力も回復しますし元気も出るのです。いやなことがあって押しつぶされそうになっても一晩寝たら気が晴れたということもあるのです。また、寝る時間ではなく質も重要です。より良い質の眠りであれば少しくらい時間が短くてもいいのです。長く寝ているからいいというものでもありません。短時間でぐっと濃縮された眠りをすれば起きた時にも気分爽快なのです。健康のためには質の良い眠りが必要です。

生活をするのに必要な睡眠 

人が健康に生活するために眠ります。それは体の疲れを取るためですが、それ以上に大切な事は脳を休める事です。睡っているには、さまざまなホルモンがだされ、体を修復し、新陳代謝を進め、日中の疲れを回復させ免疫力を高めます。眠りにはリズムがあり、夢を見るレム睡眠(脳は覚めている)と夢を見ないノンレム睡眠(心身共に深く眠った状態)があります。眠りに関係するホルモンはセロトニン(眠っているときは出ず、朝の光によって出て癒しホリモンとよばれています)やメラトニン(昼と夜のサイクルをコントロールします)や成長ホルモン(骨や筋肉を修復し脳を休ませます)があります。人は日の出とともに起き、日の入りとともに寝た時代の遺伝子が残り、光によって目が覚めますので、健康に生活するには朝光を浴び夜は暗くして眠りましょう。

いい色してます

© Copyright 健康的な眠り方ガイド. All rights reserved.